2006年6月10日

Trackbackとは何ぞや?

 昨晩、本ブログにトラックバック機能を導入した旨を書きましたところ、「トラックバックってよくわからん」というコメントをいただきました。

 たしかにわかりにくいんですよね。じつは、この質問受けたのってはじめてじゃないのです。
 私の周囲にも、ブログを運営している友人・知人はかなり増えているのですけど、トラックバックを有効活用している人は見あたりません。かくいう私も、ぜんぜん有効活用できておりません。

 というわけで、ちょっとトラックバックについて書いてみようかと思います。とはいえ、有効活用できていない私が述べたって説得力がないですから、説得力ある論説のリンクを張ってみようと思います。

 まず、「トラックバックとは何ぞや?」に関しての丁寧な説明としては、下記がオススメです。

トラックバックとは?
http://www.blogtowa.jp/archives/8739784.html

 ビジネスブログ本の著者による平易な解説です。私はしてませんが、トラックバックの練習までさせてくれるみたい。



 私もブログというメディアとつきあいはじめてかれこれ2年になりますが、ブログの数ある機能のうち、もっとも「新しい匂い」がしたのは、トラックバックという機能でした。
 ただ、凡人の悲しさか、「新しい匂い」を感じ取れても、なぜ「新しい」のかというところまでは説明できなかったのです。
 そのもどかしさにある解答を与えてくれたのが次の記事。思想家・宮台真司氏の「自己責任騒動」に関する論説です。たしか、もともとは雑誌「SIGHT」に掲載されたもので、私もそこで読んだものと思いますが、宮台氏は自己のブログにもアップされています。

右翼思想からみた、自己責任バッシングの国辱ぶり
http://www.miyadai.com/index.php?itemid=98

 
 自己責任騒動それ自体、相当古いものですからピンとこないかもしれませんが、文章の最後の方にある「2ちゃんを見ずにブログを見よ」という言説には大いに納得し、我が意を得たりと思ったものです。

 たしかにあのとき、(匿名ではない)ネットのオピニオンは「自己責任なんておかしいよ!」という方に傾いていました。私もそのクチで、当時こんな記事を書いています。これ、なんか知らないけどムチャアクセスが多かった記事です。

国よ、アホを守れ
http://ameblo.jp/goatsheadsoup/entry-10000011460.html

 私もブログをはじめたばっかりで、かなり熱を入れて書いています。「好き勝手書ける」ことが相当おもしろかったみたいです。


2 件のコメント:

BB/Niphonese さんのコメント...

はじめまして。ログに貴サイトからのアクセスが記録されていたもので、拝見させていただきました。

トラックバックの趣旨のひとつは、あるブログから文章の一部を引用した場合に、その旨を筆者に事後的に通知するということがあると思います。事実、台湾ではトラックバックを「引用」と訳しているようです。
ただ現実には用途がかなり拡張されていて、ある記事に対して、それに関連する自分の記事をトラックバックするといった人が少なくありません。
この用途が逸脱してくると、特に政治などに関する話題の場合、露骨に悪意・敵意のある記事をトラックバックしてくるといったことにもなるわけですが。

1TRA さんのコメント...

Big Brotherさん、示唆に富むコメントありがとうございます。
敵意・悪意あるトラックバックがつくことを考慮に入れた場合、宮台氏の言う「トラックバックの表示件数が多い=評判がいい」が当てはまらなくなってきますね。
ただ、そうした場合でも、元の記事は議論の触媒となっているわけですから、「評判がいい」ととってもいいのかもしれません。露骨な誹謗中傷も、匿名性を背景にしていなければ、それなりに有効なのかも。