2007年12月25日

M1グランプリ2007

 毎年、M1を見ると今年も終わりだなあと思う。M1は私にとって、街のクリスマス・イルミネーションなんかよりずっと「年の瀬」を感じさせてくれるイベントなのだ。
 今年もじっくりと鑑賞しましたので、以下、感想を述べてみたいと思います。

 あまり話題にならなかったけど、今年のM1のトピックのひとつは、麒麟の予選落ちだろう。麒麟は笑い飯とともに、M1の「顔」だったわけで、いないのはやはりさみしい。
 まあ、田村くんはベストセラーで億単位のカネが転がりこんでいるというし、川島くんは真鍋かをりに番組中でコクられてつき合いはじめているしで、今年の麒麟はツキすぎの感があった。たぶん、審査員もそのへんの斟酌があったのだろう。

 去年も書いたのだけど、私は笑い飯をとくに贔屓にしていて、彼らに優勝して欲しいと思いながら毎年M1を見てきた。今年の顔ぶれを見て、ひょっとするとひょっとするかもしれないぞ、と期待していたのだが、今年の彼らのネタはふるわなかった。正直、これまでのM1ネタでいちばんつまらなかったと思う。
 思うに、2005年の優勝決定戦における「ハッピーバースデー」のネタがうまくいったから、今回のネタもその路線で、ということなんだろう。でも、今回のロボット・ネタはかなりクオリティが落ちた。擬音だけで笑いがとれると思ったら大間違いだよ。ポテンシャルは高いのだから、もうちっと頑張って欲しい。
 本人たちも相当悩んで今回のネタをつくったんだろうなあ、というのは伝わってくるんだけどね。それが伝わってくるようじゃまずいだろう。
 紹介のときの西田くんのコスプレと、3位外に転落したときの二人のリアクションはムチャ笑えたが、そんなもんばっかり面白くてもしょうがない。来年こそは、と期待している。……って、ちゃんと来年も決勝あがってこいよ。心配になってくるな、もう。

 トータルテンボスの健闘は嬉しかった。彼らは着実に成長している。その成長が自分のことのように嬉しかった。ネタも極限までムダが省かれているし、演技もじつに堂々している。私は彼らと出身地が同じなので(3歳までしか住んでないけど)、とくに目をかけて応援してたのである。今年ラストということで、来年見られないのが残念だけど、今後も活躍してほしいコンビである。

 敗者復活から優勝をかっさらったサンドウィッチマンは大したもんだった。完成度も勢いもちがった。ひょっとするとM1は出来レースなんじゃないか、と思う瞬間が過去何度かあったのだけど、彼らはその疑惑を払拭してくれた。オートバックスはあのオッサンふたりを来年のCMに起用せにゃならぬ。どんなCMになるか、今から楽しみだ。

 ネタは思ったとおりイマイチだったけど、個人的に応援していたコンビがもうひとつ。ハリセンボンである。私は女性の芸人をあまり面白いと思ったことがなくて、彼女たちもその範疇を出ないのだけど、毎週「本番で~す!」を見ていたせいで、好きになってしまった(毎週楽しみに見ているのは「やりすぎコージー」で、「本番で~す!」はその後番組だから、流れでなんとなく見てただけなんだけど)。
 出っ歯のはるかちゃんがお気に入りである。ゲテモノ喰いと誤解を受けそうだけど、かわいいと思う。彼女の顔を見るとなぜかほっとする。

 ……とまあ、今年のM1総括はそんな感じでしょうか。イマイチ笑えなかったなあ今年は。それもこれも笑い飯がふるわねえせいだよ。

5 件のコメント:

takebow さんのコメント...

毎年、見続けている目から見てキングコングはどう思われましたか?1TRAさんのキンコン評を聞きたいです。それと審査員の誰に一番得点が近かったですか?

ケズル子 さんのコメント...

私もM-1で年の瀬を感じる人間の一人です。2007年の楽しみなテレビは、29日の「すべらない話」と31日の「年忘れ漫才競演」を残すのみとなりました。すべらない話、大好きな伊集院光の出演が楽しみな反面、彼の毒舌トークはTV向きじゃないので一般視聴者に誤解されないか心配です。
というわけで、M-1はすでに3回も通しで見ちゃっているのですが、私もワントラ先生とほぼ同意見です。笑い飯の奮わなさに肩を落とし、トータルテンボスのキレの良さに驚き、ネタ以外の部分の西田に爆笑しました。サンドウィッチマンは伊集院のラジオでお馴染みだったり、銀座落語祭で実際にネタを見たりしていたので、優勝を決めたときには思わず涙がちょちょぎれました。この時代に二人ともダブルのスーツというのがまた泣かせます。
思わず熱く語ってしまいましたが、私もワントラ先生のキンコン評を聞いてみたいです。

1TRA さんのコメント...

●takebow師匠
いつも書き込みありがとうございます。キングコングは、正直言って以前からあまり好きじゃなかったので、あえてふれませんでした。ただ、ネタの完成度は出場した9組の中ではかなり高い方だったんじゃないでしょうか。今回の最終決勝3組は、「完成度の戦い」だったように思います。でも、彼らが勝ったらきっと怒ってたでしょうねえ(笑)。
審査員と一緒に得点をつけるような見方はしてなかったので、誰と近いとかはないんですけれども、松ちゃんの独特な点の付け方は注目しています。今年はPOISON GIRL BANDに、去年はトータルテンボスにひとりだけ高得点をつけていました。そのトータルテンボスは今年躍進しているわけで、彼の炯眼はあなどれないなと思っています。松ちゃんならなんでも許すマニアじゃありませんが。

●ケズル子ちゃん
おひさです。3回も見るとは流石ですな(笑)。上記のtakebow師匠への返事にキンコン評(?)書きましたんでご高覧くだされ。
伊集院光はケズルちゃんが好きなのできっと面白いのだろうと、ニコニコ動画にアップされてたラジオの録音を聞いたりしてました。おかげさんで楽しませていただきました。
本文にも書きましたが、私がこよなく愛し毎週欠かさず見ている番組に「やりすぎコージー」があります。その都市伝説スペシャルに伊集院が出ていて(たぶん数ヶ月前)、彼の話がいちばんおもしろかったですよ。そんときはそんなに毒舌でもなかったよ。私も「すべらない話」とても楽しみにしています。

takebow さんのコメント...

なるほど「ネタの完成度」という視点は小生に抜けてました。ケズル子さんも書いておられるように、小生もサンドウィッチマンに感情移入しすぎて見ておったため視野が狭くなっておりました。トータルテンボスは本当に残念でした。スゴク良かったので。

1TRA さんのコメント...

トータルテンボスは大好きなコンビです。アフロの藤田くんの今風(?)なくせになぜか理屈っぽいツッコミが好き。来年からM1出ないから寂しくなりますねえ。